車のエコとそのつきあいかた

“低燃費の車種は二酸化炭素の排出量も少なく、環境やお財布に優しいものとして最近は定着し始めています。ハイブリッドの性能を持つ軽自動車は、不動の人気を国内では誇っているので、同クラスの車種に比べて売り上げもものすごい数値になっているのです。またエコという発想を一人一人が持つことで、ガソリンの消費の仕方や日々の運転方法など全体的なエネルギーを減らす方向にも結び付けていくことが見込めるようになっていきます。環境に与える影響の部分については、メーカーはもちろん自動車を愛用している団体などがこういった内容を呼びかけていくことが重要になるのです。
これまで述べたことを冷静になって考察すれば、走行に必要な効率的なモーターや消費エネルギーが少ないエンジン制御など新しい観点で自動車を設計していく必要が出てくるのです。エコの問題に取り組むことで、正しい付き合い方をより多くの人に知ってもらえるチャンスが出ていくようになるわけです。”

車のエコと環境問題

車はエコには大敵と考えられています。特に排ガスについては古くからさまざまな規制を行ってメーカーによりエコな車を作るように促してきています。エコな車とは排ガスが出来る限り無く、燃費のよいことです。メーカーとしては究極の形は電気駆動になるわけですが、バッテリーの大型化、コスト高でまだまだ電気駆動だけでは成り立ちません。そこで現実的な解としてハイブリッドシステムが採用されています。ハイブリッドシステムではガソリンや軽油を燃やしますので排ガスは0にはなりません。しかし、これまでの内燃機関だけの車に比べて格段に燃費を向上し、また、アイドリングや発進時の排ガスを0にすることができるので環境にも優しい車となっています。また、ハイブリッドシステムは家でバッテリーに直接充電できるPHEVに進化してきており、走行時に燃料を燃やして充電するのに比べて環境にさらにやさしくなっています。完全な電気駆動はまだまだ難しいですがハイブリッドシステムでエコをより高い次元で実現しようとしています

車のエコと二酸化炭素

自動車が消費する石油は全体の半分にも及んでいます。それだけ自動車の石油依存度は高いのです。今後もさらに自動車の石油消費量は増加しいていくことが予想されています。そのために自動車のエコ仕様が進められているのです。現在研究されている中で、究極のエコカーと呼ばれているのが燃料自動車です。これは走行中に二酸化炭素や排ガスを出しません。しかし燃料である水素の製造段階においては二酸化炭素を排出します。水素は化石燃料か水を電気分解することで作れます。化石燃料から作る場合には電気エネルギーなどで炭素を剥がすことになります。剥がした炭素は酸素と結びついて二酸化炭素になるのです。水から水素を取り出すためには、水を電気分解することになります。電気分解のための電気を火力発電で作り出せば、二酸化炭素が排出されてしまいます。従って石油に代わる燃料として水素が注目されていますが、それによって本当にエコになるかは不透明なのです。

車のエコに求められることとは

車を運転する際に特に気を付けたいのがエコな運転ができているかです。エコは環境にやさしい行動のことですが、車は走行させるだけで排ガスを出しますし、ガソリンや軽油などの化石燃料を消費します。エコにとってはとても悪い存在と言えます。しかし、生活に無くてはならないものですから、出来る限りエコに貢献できる走りにしたいものです。エコな走りに必要なことは運転を荒くしない、ゆっくり走ることです。ただ、ゆっくり走れば良いということでもなく、可能な限り急発進をしない、加速も穏やかにすることが大事です。また、アイドリング時にも無駄に排ガスが出ますので、アイドリングストップ機構が付いている車を選ぶことも大事になってきます。車を購入する際、ハイブリッド以外はだめということはありません。ハイブリッドがなくても運転する際に気をつけて走行すれば十分環境にやさしい運転が可能です。ただし、ハイブリッド車はコンピュータでアクセルワークを調整してくれるのでより環境にやさしい運転がしやすいと言われています

車のエコ仕様とその選び方

“車も環境問題を改善するためにいろんなタイプが開発されて利用されるようになりました。大気汚染を少しでも減らすために作られていて、環境への負荷が少ないとされている車でもあります。狭い意味で考えると、電気、メタノール、圧縮空気、そしてハイブリッドカーの5種類を指しています。これらは低公害車なので、そう認定されると税制面でも優遇されるというような特典がありますから、名前を聞いて検討している人もいるかも知れません。

エコのために車を乗り換えたいと思っている人や、税制面で優遇してもらおうと検討している人は、じっくりとどんな車があるのかなどをよく見ていきましょう。燃費にも優れていますから、毎日乗り続けていくのにもコストダウンの実現が出来ます。エコカーと言ってもいろんなタイプがありますので、自分たちの家族構成やどれだけ乗るのかなどもよく洗い直した上で検討していきましょう。

家族で週末などをメインにして使うなら普段は燃費を抑える電気タイプの方がいいですし、家族皆でどんどん走るならハイブリッドカーをメインに考えていきましょう。さらに中長距離を走らせていくのであれば、ガソリンタイプの低燃費のものを探してみる方が走りやすく快適な場合もあります。車の購入の際に補助金制度が利用できる場合もありますから、販売店を幾つか回って相談しながら吟味をしていきましょう。普段の生活に車は欠かせない存在ですから、しっかりと考えて選びましょう。”

車のエコ仕様にすることで得られるメリットとは

あらゆる分野、産業でエコが叫ばれて久しい昨今、自動車もその例外ではありません。各社からエコカーが売り出され、市場では人気を博しています。エコロジー(環境に配慮)とエコノミー(資源の節約)の頭文字を取ったエコカーには、幾つかのタイプが存在します。最もポピュラーなのがハイブリッド車です。ガソリンと電気を併用するという意味のハイブリッド車ですが、価格もかなり安くなり、以前よりも購入し易くなっています。電気のみで走るものや、水素を燃料とするものもあります。車をエコ仕様にすることで得られるメリットはとても多いです。まずガソリン車に比べて二酸化炭素や大気汚染物質の排出量が少なく済む為、大気汚染を防止する効果があります。電気のみで走るものに関しては、全く排出しません。また、石油以外のエネルギーを使うので化石燃料を消費する量を減らすことが出来ます。さらに、燃費が向上するので使用者の経済的負担も軽減してくれます。ガソリンを常に爆発、燃焼させていないので、騒音、振動を減らせることもメリットです。また、エコに対する思いを表面化して啓発するというメリットも大きいです。限られた地球資源を出来るだけ有効に活用するという人類に課せられた課題に取り組むのは、国際的な規模のような大きい括りだけではなく、個人という単位で意識することで、未来が大きく変わってくる、自分もその一員なんだという意識を強く持つことが出来ます。

車のエコ仕様とは

エコとは一般的にはエコロジーの略のはずですが、エコノミーの略でもエコなのでしばしば混同されているような気がします。つまり自動車の環境性能を上げることが重要なのですが、そのことで必ずしも経済的になるとは限らないので注意が必要です。まず燃料の消費を抑えることで排気ガスなどの廃棄物を減らすことは環境性能を上げることができますが、それだけではなく燃料の消費が減り経済的にもなります。ここを注目しているわけですが、その為にエンジンや車体全体にコストがかかるとトータルでは経済的とは言えない場合があります。たとえば燃焼効率が良いとされているディーゼルエンジンですが、排気ガスの浄化のために大きなコストがかかりますので、車両の値段が高くなるのが普通です。また燃費が良いとされているハイブリッドカーも普通のガソリン車よりも多くのメカニズムを必要とするので、値段が高くなります。つまり経済的かどうかは簡単には言い切れないのです。しかも実際には環境に良いかどうかも結構不安です。何故ならその大きなメカニズムの製造や廃棄に大きなエネルギーが必要だからです。また大きなメカニズムを持ち運ぶことによる無駄も生じています。特に乗用車は大きさに変わらず乗車定員は5人程度です。実際に乗っている人は平均だと2人未満です。大きなエコカーは空気を運ぶばかりで実際には意味がないのではないでしょうか。エコを真剣に考えると自動車の使い方自身を考えなければならないと言えるでしょう。その時に今こだわっている利便性は本当に必要なのかも考え直されることになるでしょう。

車とはエコ

“環境の事を考えていこうという事で、車に関してもなるべく燃費を抑えるようにしたり、様々なガス等の有害物質の排出を抑えるようにしたタイプが増えてきています。これらの低公害を目指したエコな車については、日本では主に大気汚染物質である一酸化炭素や窒素酸化物といった物の排出を減らしているだけではなくて、石油と代替性があるかどうかなども検討されます。

今の車はいろんなタイプがありますので、購入前にじっくりと選ぶ事ができます。燃料に代替エネルギーを利用しているものもあれば、ガソリンや軽油を使っていたとしても低排出ガスタイプとして扱われるものもあります。動力にモーターを使うような電気や燃料電池などを使ったものもありますので、エコを意識したものが本当に増えてきたのだと消費者としては感じているところでしょう。特にハイブリッドカーに関してはいろんなメーカーで見かけますので、興味を持って見ているかもしれません。

まだまだエコを目指して開発されている車はたくさんあります。太陽電池を使ったものや天然ガスを使ったものなどいろいろありますから、今後も注目をしていきたいところです。補助制度などもありますので、今後購入を検討しているのであれば、エコに関して配慮している車も視野に入れてみるといいでしょう。ガスの排出が減るだけで地球環境に貢献しているわけですし、生活上でも燃費が減っているのですから乗りやすく家計にも優しいと言えるのです。”