車のエコと環境問題

車はエコには大敵と考えられています。特に排ガスについては古くからさまざまな規制を行ってメーカーによりエコな車を作るように促してきています。エコな車とは排ガスが出来る限り無く、燃費のよいことです。メーカーとしては究極の形は電気駆動になるわけですが、バッテリーの大型化、コスト高でまだまだ電気駆動だけでは成り立ちません。そこで現実的な解としてハイブリッドシステムが採用されています。ハイブリッドシステムではガソリンや軽油を燃やしますので排ガスは0にはなりません。しかし、これまでの内燃機関だけの車に比べて格段に燃費を向上し、また、アイドリングや発進時の排ガスを0にすることができるので環境にも優しい車となっています。また、ハイブリッドシステムは家でバッテリーに直接充電できるPHEVに進化してきており、走行時に燃料を燃やして充電するのに比べて環境にさらにやさしくなっています。完全な電気駆動はまだまだ難しいですがハイブリッドシステムでエコをより高い次元で実現しようとしています

車のエコ仕様にすることで得られるメリットとは

あらゆる分野、産業でエコが叫ばれて久しい昨今、自動車もその例外ではありません。各社からエコカーが売り出され、市場では人気を博しています。エコロジー(環境に配慮)とエコノミー(資源の節約)の頭文字を取ったエコカーには、幾つかのタイプが存在します。最もポピュラーなのがハイブリッド車です。ガソリンと電気を併用するという意味のハイブリッド車ですが、価格もかなり安くなり、以前よりも購入し易くなっています。電気のみで走るものや、水素を燃料とするものもあります。車をエコ仕様にすることで得られるメリットはとても多いです。まずガソリン車に比べて二酸化炭素や大気汚染物質の排出量が少なく済む為、大気汚染を防止する効果があります。電気のみで走るものに関しては、全く排出しません。また、石油以外のエネルギーを使うので化石燃料を消費する量を減らすことが出来ます。さらに、燃費が向上するので使用者の経済的負担も軽減してくれます。ガソリンを常に爆発、燃焼させていないので、騒音、振動を減らせることもメリットです。また、エコに対する思いを表面化して啓発するというメリットも大きいです。限られた地球資源を出来るだけ有効に活用するという人類に課せられた課題に取り組むのは、国際的な規模のような大きい括りだけではなく、個人という単位で意識することで、未来が大きく変わってくる、自分もその一員なんだという意識を強く持つことが出来ます。