車のエコと環境問題

車はエコには大敵と考えられています。特に排ガスについては古くからさまざまな規制を行ってメーカーによりエコな車を作るように促してきています。エコな車とは排ガスが出来る限り無く、燃費のよいことです。メーカーとしては究極の形は電気駆動になるわけですが、バッテリーの大型化、コスト高でまだまだ電気駆動だけでは成り立ちません。そこで現実的な解としてハイブリッドシステムが採用されています。ハイブリッドシステムではガソリンや軽油を燃やしますので排ガスは0にはなりません。しかし、これまでの内燃機関だけの車に比べて格段に燃費を向上し、また、アイドリングや発進時の排ガスを0にすることができるので環境にも優しい車となっています。また、ハイブリッドシステムは家でバッテリーに直接充電できるPHEVに進化してきており、走行時に燃料を燃やして充電するのに比べて環境にさらにやさしくなっています。完全な電気駆動はまだまだ難しいですがハイブリッドシステムでエコをより高い次元で実現しようとしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です