車のエコと二酸化炭素

自動車が消費する石油は全体の半分にも及んでいます。それだけ自動車の石油依存度は高いのです。今後もさらに自動車の石油消費量は増加しいていくことが予想されています。そのために自動車のエコ仕様が進められているのです。現在研究されている中で、究極のエコカーと呼ばれているのが燃料自動車です。これは走行中に二酸化炭素や排ガスを出しません。しかし燃料である水素の製造段階においては二酸化炭素を排出します。水素は化石燃料か水を電気分解することで作れます。化石燃料から作る場合には電気エネルギーなどで炭素を剥がすことになります。剥がした炭素は酸素と結びついて二酸化炭素になるのです。水から水素を取り出すためには、水を電気分解することになります。電気分解のための電気を火力発電で作り出せば、二酸化炭素が排出されてしまいます。従って石油に代わる燃料として水素が注目されていますが、それによって本当にエコになるかは不透明なのです。

車のエコ仕様とは

エコとは一般的にはエコロジーの略のはずですが、エコノミーの略でもエコなのでしばしば混同されているような気がします。つまり自動車の環境性能を上げることが重要なのですが、そのことで必ずしも経済的になるとは限らないので注意が必要です。まず燃料の消費を抑えることで排気ガスなどの廃棄物を減らすことは環境性能を上げることができますが、それだけではなく燃料の消費が減り経済的にもなります。ここを注目しているわけですが、その為にエンジンや車体全体にコストがかかるとトータルでは経済的とは言えない場合があります。たとえば燃焼効率が良いとされているディーゼルエンジンですが、排気ガスの浄化のために大きなコストがかかりますので、車両の値段が高くなるのが普通です。また燃費が良いとされているハイブリッドカーも普通のガソリン車よりも多くのメカニズムを必要とするので、値段が高くなります。つまり経済的かどうかは簡単には言い切れないのです。しかも実際には環境に良いかどうかも結構不安です。何故ならその大きなメカニズムの製造や廃棄に大きなエネルギーが必要だからです。また大きなメカニズムを持ち運ぶことによる無駄も生じています。特に乗用車は大きさに変わらず乗車定員は5人程度です。実際に乗っている人は平均だと2人未満です。大きなエコカーは空気を運ぶばかりで実際には意味がないのではないでしょうか。エコを真剣に考えると自動車の使い方自身を考えなければならないと言えるでしょう。その時に今こだわっている利便性は本当に必要なのかも考え直されることになるでしょう。