車のエコと二酸化炭素

自動車が消費する石油は全体の半分にも及んでいます。それだけ自動車の石油依存度は高いのです。今後もさらに自動車の石油消費量は増加しいていくことが予想されています。そのために自動車のエコ仕様が進められているのです。現在研究されている中で、究極のエコカーと呼ばれているのが燃料自動車です。これは走行中に二酸化炭素や排ガスを出しません。しかし燃料である水素の製造段階においては二酸化炭素を排出します。水素は化石燃料か水を電気分解することで作れます。化石燃料から作る場合には電気エネルギーなどで炭素を剥がすことになります。剥がした炭素は酸素と結びついて二酸化炭素になるのです。水から水素を取り出すためには、水を電気分解することになります。電気分解のための電気を火力発電で作り出せば、二酸化炭素が排出されてしまいます。従って石油に代わる燃料として水素が注目されていますが、それによって本当にエコになるかは不透明なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です